現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • oお中元特集
  • ほたて貝柱製品
  • ほたておつまみ
  • ほたてお惣菜
  • レトルト製品
  • お晩彩
  • 地場特産品
  • ギフトセット
  • ご注文の前に
  • お問い合わせ
  • 特定商取引法に関する表記
  • プライバシーポリシー
  • FAX用注文用紙
ほたて屋しんや
しんやは単なる水産加工業者ではありません。
サロマ湖帆立養殖の歴史に深い関わりを持ち、帆立への愛着、製品への誇りをもって商品づくりに日々取り組んでいます。


 日本第3位の汽水湖、サロマ湖を初めとした豊かな自然に囲まれた、北海道は北見市常呂町。しんやは、ここ常呂の地に明治24年に鮭・帆立を中心とした仲立業として初代新谷徳治により創業。
以来、しんやと帆立の深い関係が始まりました。
 昭和8年、”常呂のほたて”の安定生産を目指し、当時の水産庁北海道試験場の木下博士と当社2代目新谷廣治はサロマ湖での帆立養殖事業への取り組みを始めました。


 二人の取り組みの前には、北海道ならではの厳しい冬の越冬技術等、幾多の試練が立ちはだかりましたが、試行錯誤の末に遂に現代の帆立養殖の礎を築くに至りました。
 その後、安定した帆立の生産技術を確立した常呂町は、遂に昭和60年代にホタテ水揚げ高日本一を達成。
 現在は、日本有数の帆立の産地として名を馳せ、また、サロマ湖産の稚貝は猿払村等、道内外の他の帆立の産地へ出荷され、帆立の生産基地としての役割も担っています。


 またその一方、帆立養殖の技術が確立され、年々水揚げ高が増大する中、先の木下博士としんや2代目廣治は、帆立の付加価値向上をめざし、今までにない帆立の加工製品の開発に着手。
 昭和36年には、帆立の長期保存を可能とし、また熟成させることによって帆立の旨みがより一層凝縮された逸品、”ほたて燻油漬”がここに誕生致しました。
 そして現在、しんやの代名詞ともいえる「帆立燻油漬」を中心に帆立の”おいしさ”、”魅力”を活かした商品づくりに日々精進しています。
 私たちしんやは、オホーツクの光と風と香りの元、帆立養殖発祥の地”常呂”の自負と、帆立への限りない愛着をもち、健康で安心な製品づくりに取り組んでいます。


  • 会社概要
  • 特定商取引に基づく表示
  • 個人情報の取扱いについて
  • 催事のご案内
株式会社しんや
〒093-0210 北海道北見市常呂町字常呂45番地6
TEL :0152(54)2181 / FAX :0152(54)2184
E-Mail:post@shinya.ne.jp

  • ご利用の前に
  • お買い物ガイド
  • お客様の声
  • お問い合わせ